医療事務 通信教育

中卒だからといって岐阜で医療事務の仕事をあきらめてしまっていませんか?

医療事務の仕事に学歴は関係あるのでしょうか?いいえ、ありません。医療事務の職に就くには学歴は関係なく、また医療事務というと専門学校や通学講座や通信教育などで資格習得にとても人気がありますが実は特別、資格などは必要ありません。やる気さえあればどなたでもなることができる職業なのです。

例えあなたの結婚がとても早く、岐阜の結婚式場で挙式をしたとしても、ウェディングのチャペル医療事務のお仕事の役に立つとは思えませんが、それでも遅くはないのです。

しかし医療事務というのは一般事務とは少し違い特殊なものです。専門的なことも多く覚えていかなければならない知識もたくさんあります。もし勉強にかける費用と時間の余裕があるのならば通学講座や通信教育で基本を学んでおくのもよいでしょう。それらの基礎は絶対に無駄にはなりません。

しかしやはり医療事務は実際の現場に就いてからが勝負です。実践の経験を積み上げることが何よりもスキルアップに繋がります。また特殊な分野だからこそ、面白みもありますし,何といっても医療の一端に携わるわけですからとてもやりがいのある仕事です。医療という仕事ほど、人を助ける、人のためになると強く実感できる職業はありません。学歴を気にせずにやりがいのある医療事務の仕事に挑戦してみませんか?

医療事務の仕事は具体的にどんなことをするのでしょうか?外来受付や電話対応、患者さんの呼び出し、カルテの作成と管理、健康保険証の確認や会計業務、入退院の受付、医療保険に提出するレセプトの作成など幅広くあります。どの仕事ももちろん重要であり、事務系の計算仕事が多いですから学歴が中卒ではやはりとても難しいのではないかとつい躊躇してしまいがちですがそんなことはありません。

確かに医療事務のデスクワークのほとんどは細かい計算や絶対にミスが許されない仕事ばかりです。しかしそれらは何度もチェックをすることで防げますし、わからないことは積極的に聞いて失敗しないように心がければ何とかできるようになるものです。

そして何よりそんなデスクワークの仕事よりももっと大切なのが患者さんとの触れ合いです。やはり患者さんあっての病院です。「病は気から」まずは患者さんひとりひとりに心ある対応をすることが一番大切です。たとえパートやアルバイトで医療事務に働いているとしても、患者さんの目から見れば病院スタッフの一員であることにかわりありません。

また窓口などで直接、患者さんと対応する機会の多い医療事務は病院の顔とも言えます。病院に来院してこられる患者さんは病気が原因なのですから少なからずマイナスな気持ちを抱いて来られます。また予約の電話を入れてこられる患者さんも、診察の予約であってバカンスのホテルの予約をしてるわけではないのですから多少なりとも気持ちは不安定な状態です。

そんな患者さんの気持ちを明るい対応で和らげてあげるのも医療事務の大切な仕事のひとつなのです。患者さんから「ありがとう」と一言お礼を言われる時にこの仕事に対する本当のやりがいを見いだすことができるでしょう。

また医療事務は正社員の他に派遣、パート、アルバイトと勤務形態があります。とくに月末から月始めのレセプト作成期間は人手不足となりますのでこの間だけパートとして働くという勤務形態も可能です。丸一日は働けないという主婦の方などにはとても嬉しい勤務形態だと思います。

また医療という仕事に加わることによって、病気や症状のことなど現場から直接知識を得ることができます。これらの知識は覚えておいて決して損はありません。

医療事務は病院の運営を担う大切なスタッフの一員です。学歴を気にせずに医療事務に挑戦し、あなたの笑顔で患者さんの心と病を癒してあげてみてはいかがでしょうか?

医療事務の資格にかかる費用を高いか安いかどうとるかはあなた次第!

医療事務の資格を取るための費用とはどのくらいなのでしょうか?
これは学ぶ手段の選択肢によって大きく変わってきます。医療事務の資格を取ることはまず独学でもできますし、専門学校、通学講座、通信教育とたくさんの選択肢があります。また医療事務になるには資格は必要ありませんので、何も勉強しないまま、白紙の状態で就職すること・・これも選択肢のひとつでもあります。

周りの意見も参考にしながらも、まず自分自身はどの方法で医療事務という仕事に就きたいのかを考えてみましょう。医療事務という仕事はどうしてもレセプト作成などがありますし特別な知識が必要となります。それらの特別な専門知識を事前に勉強しておくことは決して邪魔な知識にはなりません。ではそれらの知識を得るための費用はどのくらいかかるのか見比べていきましょう。

◆独学の場合
独学の場合のメリットは何といっても費用が格段に安くすむということです。しかし独学でも最低限の教材だけは自分で用意しなければなりません。まず必要なのは医学用語辞典、過去問題集と診療報酬点数表です。だいたいの値段でいいますと医学用語辞典が数千円~1万5千円、過去問題集が2000円~3500円、診療報酬点数表が5000円程度ですので合計2万円~3万円まであれば足りるでしょう。独学の場合は自己管理だけが全てですのでしっかりとした勉強計画を立てて始めないと容易に挫折してしまいます。勉強時間の目安は半年~1年くらいで合格できれば速い方でしょう。

◆専門学校や短大の場合
通学期間は2年制と3年制があります。専門学校での費用が一番多くかかりますが他の学習方法とは違い、医療事務以外の専門知識も幅広く習得できますし、実習もありますので就職には最も有利になるでしょう。専門学校の場合は初年度は年間で60万円~100万円、短大ですと120万円~150万円程度の学費が必要となります。

◆通学講座
通学講座の受講期間の平均はだいたい1ヶ月~半年です。専門学校や短大のように長い期間かけて、じっくりと学習することはできませんが、医療事務に就くにあたって必要であるところを重点的に要領よく教えてもらえます。時間のあまり取れない忙しい人にとっては最適でしょう。また独学よりも断然モチベーションが維持できるので挫折しやすい人にもオススメです。

受講料はだいたい7万円~10万円程度が一般的でしょう。また講座によっては受講料の他に入学金がいるところが多く、講座終了時に発行する終了書にも別途費用が必要なところもあります。講座を決める時には受講料だけでなく、支払総額がいくらになるのかをしっかり確かめてから決めましょう。

◆通信教育
通信教育の学習時間はだいたい平均3ヶ月ぐらいです。通信教育のメリットは何といっても自分の好きな時間に自宅で学べることです。通信教育の学習スケジュールによって学んでいきますので独学よりはモチベーションを維持することはできますが、やはりしっかりとした自己管理のもと、強い意志を持ちながら学習しなければなりません。費用は約5万円~7万円くらいが一般的でしょう。DVDやビデオなどの副教材が付くと、別売りの場合もあるので、どの教材が最初から付いてくるのかを事前に確かめおきましょう。

このように医療事務の資格を取るにはさまざまな選択肢があり、またかかる費用、期間もそれぞれ違います。医療事務の資格を習得するのが最終地点ではありません。実際に就職してから自分はどのように働いていきたいかを考えじっくり選択することをオススメします。

医療クラークの仕事内容は?また医療事務と需要に違いがあるの?

医療関係で医師、看護師以外で思いつくのはやはり医療事務ではないでしょうか?しかし医療事務と一口にいってもさまざまな役割に別れます。その中でも役割を大きく2つに分けると医療事務と医療クラークに別れます。ではまず医療事務と医療クラークの仕事内容の違いから詳しくみていきましょう。

医療事務の主な仕事は受付業務、会計業務、電話対応、カルテの整理、レセプト作成などがあります。病院内での業務場所は外来の窓口であり患者さんが病院に来られて真っ先に顔を合わせるので「病院の顔」でもあります。病院に楽しい気分でやって来る患者さんはまずいません。ほとんどの患者さんが病気に対する不安や悩みなど抱えて病院にやって来られます。そんな患者さんのマイナス的な気持ちを笑顔で和らげてあげるのも窓口の医療事務員の大切な仕事のひとつです。

また患者さんの大きな疲労になるのが待ち時間です。病院によっては長い時で1時間も2時間も待たされるなんて場合もありますよね。医療事務はできるだけ素早くてきぱきと手続きをこなして、患者さんの待ち時間をできるだけ短くしてあげなければなりません。

会計業務も責任のある仕事です。実際の会計業務の計算はコンピューター化が進んできていますので医師がパソコンで診療内容を入力すれば会計の窓口に反映され計算は自動化になり会計時間はとてもスピーディになりました。

しかし患者さんか「この前と同じ診察だったのに支払額が違うのはなぜですか?」などといった質問を受ける場合もあります。患者さんから見れば病院のスタッフは医師以外は同じように見えてしまうものですから仕方ありません。そんな時もできるだけ答えれるように医学的な専門知識も少しあったほうがいいでしょう。また会計の窓口は帰られる患者さんに「お大事に」と笑顔でお見送りする大切な仕事でもあります。

このように主に外来の窓口で仕事をするのが医療事務。これに対して医療クラークは病棟クラークとも言われ主に病棟内で事務処理をします。業務場所はナースステーション内の入口が多く、入院してきた患者さんが一番最初に声をかけてこられるのが病棟クラークです。

仕事内容としては入退院手続き、電話対応、各種伝票の整理、カルテ、レントゲン管理、病室の管理など主に入院患者さんをサポートする仕事をします。外来患者さんが相手の医療事務とは違い、24時間病院にいる入院患者さんが相手ですのでさらにコミュニケーションの素質が求められます。なかには自分の病状について報告してくる入院患者さんもいます。そのような時のためにある程度の医学的知識も必要となります。そうでなければ患者さんの訴えてくる内容が理解できませんし、看護師や医師に的確に報告ができないからです。

このように医療事務と医療クラークの仕事内容を比べてみますと、医療クラークの方が医学的に専門的知識が必要とになりますので難しくなります。需要としては医療事務、医療クラークと共に求人に対して応募する人の方が多く需要に対し供給が上回っているのが現状です。

しかも医療クラークという職には病院内ですでに医療事務として働いているスタッフがなる場合が多く新規で外部から雇う病院は少ないかもしれません。それは医療クラークという仕事上、医療事務以上に医師や看護師との連携が必要となってくるからです。また病院内のこともすでによくわかっている人の方が良いからです。ですから、もし医療クラークという職に就きたいのであればまず医療事務員として経験を積んでいくのが良いでしょう。

介護事務の資格を取るならホームヘルパーの資格も習得しよう!

日本は超高齢化社会の時代になりました。65才以上の人が総人口に占める割合を高齢化率といい、この高齢化率の7%と超えますと高齢化社会、そして21%を超えると超高齢化社会ということになります。日本では1970年にすでに7%の高齢化社会を超え、2007年にはとうとう21.5%となり超高齢化社会を迎えてしまいました。

そんな超高齢化社会に合わせて社会の各事業内容も変わってきました。高齢者向けのお弁当の配達事業など新たな仕事も増え始めました。そんな中、介護施設も年々増えていく高齢者のニーズに合わせて設立ラッシュが続いています。そしてこれからの将来その数はまだまだ増え続けるでしょう。それに比例して介護の現場では人手不足の状態がまだ多くあるようです。

これまでは介護職員が介護事務も兼用している場合が多く、今現在もそのような施設が多いかもしれません。しかしこれからもどんどん増える介護施設とそれを利用する高齢者の数を考えていった場合、いつまでも介護職員が事務まで兼用していくのは仕事のクオリティを下げることに繋がりますので将来的に良くありません。そういったことをふまえてこれから介護事務という専門職の必要性はもっと高まってくると思われます。

では介護事務はどういう仕事をするのでしょうか?介護事務の一番重要な仕事は介護保険請求業務です。介護施設は介護サービス報酬のうち9割を国民健康保険連合に介護報酬として請求します。つまり介護施設の収入のほとんどが介護報酬によるものですから介護保険請求業務は施設の経営を左右する重要な仕事と言えます。

その他の仕事としては従業員の給料計算、各提出書類の作成などがあります。介護施設だからといって肉体労働の仕事をするわけではなく介護事務は事務業務がメインですので体力に自信のない女性の方でも問題ありません。

介護事務は資格がなくても働くことができます。しかしパソコンでの業務が主ですので必要最低限のワードやエクセルなどを使えれば就職してから覚えていっても大丈夫です。しかし介護事務の資格をとり、介護保険ソフトの扱い方やレセプト作成などの知識を事前に学習しておく方が全く何も知らないよりは格段に楽に業務をこなすことができますので、資格を習得しておけばきっと役に立つでしょう。

また介護事務は利用者であるお年寄りの誕生日カードや年賀状や手作りのハガキなどを作成したりすることもありますのでワードやエクセルの他にフォトショップやイラストレーターなどのソフトが扱えるととても役に立つでしょう。

そして介護事務の資格と一緒に習得したいのがホームヘルパーの資格です。ホームヘルパーの資格を介護事務の資格と一緒に習得しておいた方が、介護事務だけよりも就職に有利になることがあるからです。

また介護事務員として働いていると間近でホームヘルパーの仕事を見ることになります。介護事務という仕事はデスクワークがメインですがやはり介護施設で働いていると直接、利用者のお年寄りに手を差し伸べてみたくなることもあるでしょう。ホームヘルパーの資格を習得していれば事務職だけよりも、よりいっそう介護という職業にたいする理解が深まるでしょう。

医療事務と介護事務!男性が就職するにはどっちが良い?

厳しい現実から率直にお話しますと、医療事務も介護事務もほとんど女性であり、男性の雇用はあまりないというのが現状です。男女雇用機会均等法が決まってから病院では男性の看護師さんをちらほら見かけるようにはなりましたがまだまだ少ないですよね。

看護師でもそうですが、医療事務や介護事務もほぼ女性の職場だといっても過言ではありません。かといって男性が全くいないというわけではなく、ただ単純に男性の方の応募者が少ないからではないのでしょうか。またたとえ女性であっても今、医療事務、介護事務はかなりの飽和状態となり、医療事務の資格、介護事務の資格を取っても就職できない人が大勢おられるのが現状です。

またさらに現実的に言いますと医療事務というのは窓口対応という病院の顔になる大切な役目があります。病院側からしますとやはり窓口には若く可愛らしい女性を雇いたいと思うのが現実のようです。

男性の就職には厳しい医療事務と介護事務ですがどちらかというと介護事務の方がまだ就職できる可能性が高いかもしれません。それは介護事務の仕事というのは窓口対応も確かにありますが病院のように外来患者さんなどがひっきりなしに来るわけではありません。つまり特別、窓口対応が若い女性でなくてもいいわけです。

それよりも大事なのは素早い事務処理や正確なレセプト作成などのスキルです。そして介護事務の方がいくぶん、この超高齢化社会に合わせて今後、将来的に需要が高くなると思います。

また介護事務を選ぶにしても、それだけにとどまらずさらにスキルアップを目指してみてはいかがでしょうか?つまり介護事務だけでなくホームヘルパーの資格を同時に習得することでかなり就職を有利にすることができます。そしてさらにケアマネージャーにスキルアップすることも可能です。

通常、ケアマネージャーの資格を習得するには保健師、看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、言語聴覚士などの資格を習得した上で、高齢者の介護施設で5年以上の職務歴がなければ受験の資格を得ることができません。しかしこれらの条件とは例外に介護施設で5年~10年以上の職務歴があれば受験することができます。

ですから介護事務を5年間続ければケアマネージャーの資格試験を受験する条件を得ることができるわけです。いったんケアマネージャーの資格を取ってしまえば一気に就職には有利になります。なぜかといいますと介護事務は比較的まだ新しい資格であり、介護施設の中でも認知度はまだまだ低いのが現状ですが、ケアマネージャーは介護施設関係ならば、どこでも認知されている資格だからです。

このように介護事務から始まった仕事もホームヘルパーそしてケアマネージャーとスキルアップしていけば一生の仕事として男性でも続けて働くことができると思います。

気をつけて!医療事務の在宅ワークなんてありえない!

医療事務というとテレビCMや新聞折込みチラシなどの通信教育によく出てくる資格ですので興味をもたれている方もたくさんおられるでしょう。実際、こうした通信教育の人気ランキングでは常に上位ですし、專門学校や教室も全国にたくさんあります。ということは、かなり多くの人がこの医療事務を勉強しておられることになります。

しかし、実際の就職となると現場である病院は資格よりも経験を重視して選考する場合がほとんどであり、せっかく医療事務の勉強をして資格まで取ったのに仕事が見つからず活かされてない方が大勢おられるのが現状です。

そんな医療事務の資格保有者を狙ったのがレセプトの代行を委託する「医療事務の在宅ワーク」です。レセプトというのは、患者さんが受けた診療代の自己負担3割を差し引いた代金を病院が公的医療保険の運営者に請求する診療報酬明細書のことです。このレセプトを作成することが医療事務の大事な業務のひとつとなっています。

このレセプト作成は月末から月始めに集中して行わるため、この期間は医療事務がどうしても人手不足となります。確かにこの忙しい期間のレセプト作成を外部へ外注する意味合いはわかります。そしてこのレセプトの代行が在宅でもできますよ?と広告している業者が少なからずいるわけです。

通信教育や学校、教室などでせっかく医療事務の勉強をしたのに活かすことができずにいた方には、確かに飛びつきたくなる在宅ワークですよね。実際、一昔前は医療事務の資格を持っている方へ在宅ワークの依頼もあったようですがしかし現在はレセプト代行の在宅ワークは行われていません。

レセプトというのは患者の名前から住所、病名などたくさんの個人情報が詰まっています。外部にそれを委託するということは個人データーの流出になりかねません。それを抑制するために厚生労働省がレセプト作成は保険元の管理下でないと行ってはいけないという決まりができました。このため、現在、レセプト代行の在宅ワークは不可能となりました。

医療事務の資格を活かしたいのならばやはり現場である病院に行って働くしかないでしょう。正社員は難しいですから、派遣、パート、一定期間だけのアルバイトなどを積極的に探してみましょう。

せっかく医療関係の勉強をしたのですからやはり現場の病院で実際に患者さんたちと少しでも接してみられることをオススメします。たとえアルバイトであっても病院のスタッフの一員です。責任を持ってこなし経験を積むことで次の大きなステップアップの足がかりになることでしょう。

このように医療事務での仕事は現場の病院のみだと覚えておいて下さい。今はインターネットの普及により、パソコンが一家に一台の時代になりました。自宅にいながらでもパソコンさえあれば可能な在宅ワークは大人気です。

しかしインターネットはたくさんの情報を与えてくれますがその情報には嘘と真実が混在しています。それを見極めるのは自分自身しかありません。安易な勧誘の在宅ワークにはくれぐれも気をつけましょう。

年齢は関係ない医療事務だけど実際の就職は厳しいってホント?

医療事務という職業はとても人気があります。とくに女性に人気があるのですがその理由はなぜでしょうか?やはり働く以上、少しでもやりがいの感じられる仕事に就きたいと誰もが思いますよね。そんなやりがいのある仕事というのはやはり人のために働くことができる職業ではないでしょうか。もちろん全ての職業が世の中のためになっているのですが医療機関ほどそのことを直接強く実感できる職業はありません。

わたし達が実際に患者として病院に行った時、そこで働くスタッフは医師以外はそんなに大差なく同じに見えるものです。仕事内容や持っている資格など看護師、医療事務とは全く違うのですが患者さんから見れば全てのスタッフが自分の身体の健康をお世話してくれていることに何ら変わりはありません。

実際、病院の規模によっては看護師の手が回らない時は医療事務員がサポートすることも多々あります。また医療事務は患者さんが最初に窓口で言葉を交わし、また会計業務で最後にお見送りをする大切な業務場所でもあります。患者さんからの「ありがとう」の感謝の言葉は医療に加わるスタッフとしてとてもやりがいのある仕事と言えるでしょう。

また勤務形態は正社員の他に派遣、パート、アルバイトとあります。現場で働いてきた経験さえあれば年齢は関係ありませんので結婚後また働きたいという女性にとってとても魅力的な職業なのです。

このように魅力的に見える医療事務は資格を習得する人がとても多いわけですが実際の就職率は需要に対して供給が上回っているのが現状です。医療事務の職に就くには資格は必要ありませんので若いうちでしたら白紙のまま飛び込んでいけば面接に受かる可能性も高いです。それは医療事務という仕事が窓口対応という病院の顔でもありますので、少しでも若い事務員を窓口におきたいというのは病院側の本音だというのは否めません。

しかし医療事務は窓口業務だけではありません、大きな病院となれば仕事が分担制になりますので窓口対応以外のカルテの整理、管理やレセプト作成などに従事すれば年齢は全く関係ありません。そこではむしろ若さや資格よりも経験が全てとなります。つまり経験さえ積んでいれば、年齢に関係なくいつでも再就職ができる魅力的な職業でもあるのです。

しかしたとえ経験を積んでいるとはいっても医療事務の仕事は忙しいわりに給料は低めの医療機関がほとんどです。またサービス残業も多く、こんなはずではなかったと辞めていく主婦の方もたくさんおられるのが現状です。

やはりどんなにやりがいのある仕事でもそれに見合った報酬がなければ誰でも最初に抱いていたモチベーションが下がるのは当たり前です。しかし医療事務で経験を積み、そこからメディカルクラーク、ドクターズクラークと専門的なポジションにステップアップしていくことも可能です。

医療事務という職業に就けたとしても、そこからさらに将来どのように続けていきたいかで仕事に対する受け止め方も変わってきます。就職も厳しいですし、務めてからも厳しい医療事務という仕事ですが年齢に関係なくやりがいのある仕事であることには変わりありません。

医療事務の面接で行われる適正検査ってどんなことをするの?

医療事務の就職口を探そうと求人募集などを見ていると面接の他に適正検査というものがあると思います。このような適正検査を今までに受けたことがない方にとってはいったいどんなことをするのか気になりますよね?

医療事務という仕事はまず窓口対応、電話対応、診察室への案内、そして細かなレセプトコンピューターの打ち込み、各書類の作成、会計業務、など多種多様な業務内容があります。大きな病院でしたら、各業務ごとに分担され、同じことばかりをしていればよい仕事内容になるかもしれませんが、中規模、小規模の病院でしたらそうはいきません。窓口対応からレセプト作成、会計業務、はたまた忙しい看護師のサポートもしなければならないこともあります。

そのような仕事をする上で必要とされる代表的ないくつかの能力を測定することで、その能力面からどの仕事内容が最も適しているのかを適正検査によって判断します。

医療事務の適正検査だからといって全てが医療事務に関係するようなテスト内容ではありません。一般的に各病院が適正で知りたいのは、まず普通に読解能力があるか、細かい作業を間違えることなくきちんとできるか、またコミュニケーション能力はどうかなどです。具体的な適正検査内容はペーパーテストで医学用語や病名を漢字で書く問題、単純な計算をひたすら解く問題、パソコンのタイピングの正確さと速さなどです。

これらの適正検査の結果が面接の合否に特別左右されることはあまりありませんので、事前に対策をしなければないないということはありません。あまり深く考えずに受けて大丈夫でしょう。

通信教育なら憧れの医療事務の資格を自宅でも最短で習得できます!

医療事務の資格を取りたいと思っている方ならば一度は考えるのが医療事務の通信教育ですよね。通信教育の魅力は何と言っても専門学校や通学講座のように通う必要がありません。自分の好きな時間に自宅にいながら学ぶことができるのが最大のメリットでしょう。

また医療事務の資格は決して難しいものではありません。医療事務技能審査試験は国家試験ではなく民間の資格試験のみです。やる気さえあればどなたでも必ず合格することができるでしょう。

医療事務というのはそもそも資格なしでも就職することが可能な職業です。つまり医療関係の職歴が全くないまま面接に申し込んでも構わないわけです。しかしもし時間と勉強にかける費用があるのでしたら事前に基礎を勉強しておくのも決して無駄にはなりません。

それにどんなことをするのか全くわからない白紙の状態のままいきなり現場に飛び込むよりも、ある程度はどんな仕事をするのか知っておいた方が安心ですよね。しかし日常生活が忙しくて勉強する時間がもてない。そんな方に最適なのが医療事務の通信教育です。

通信教育は時間を自由に使えるのがメリットなのですが、もちろんデメリットもあります。基本ひとりで本を開き自宅で学ぶのが通信教育です。そこには当たり前ですが講師も、そして一緒に医療事務を目指す仲間もいません。独学というのはモチベーションを維持するのが難しく、ちょっとの挫折ですぐ放り投げてしまう可能性があります。

確かに各通信教育会社では受講者ができるだけ投げ出さないような最善なカリキュラムが組んであるとは思いますが続ける続けないかは本人のやる気次第です。このやる気が欠けてしまうと受講を終了させるのは難しくなってしまうでしょう。勉強する場に身を置いたほうがやる気が出るという方は通学講座の教室に通ったほうがモチベーションを維持できますのでオススメです。

では医療事務の通信教育を受けるとしたら、いったいどのくらいの期間で受講を終了することができるのでしょうか。一般的な医療事務通信教育の平均的受講期間は約6ヶ月です。最短のものになりますと3ヶ月で受講終了可能な通信教育もあります。

費用については各通信教育会社ごとに違うのですが、平均的にみますとだいたい5万円から8万円が一般的な相場のようです。高ければ良いというものでも、安ければ悪いというものでもありませんので、内容と費用を比べてみて一番良いと思った通信教育会社を選ぶようにしましょう。

医療関係の仕事というのはどうしても専門的な知識が不可欠です。仕事の経験がある人や勉強したことがないとその仕事の仕組みを知る機会は普通ありません。医療というのは自分自身や家族の健康状態によっても生涯にわたって関わる可能性が多い機関でもあります。自分自身が医療の内側を知っていることは、どれだけ多くのスタッフに病院が支えられているのかが理解できていることでもありますから、それだけでも学習する価値があることだと思います。

メディカルクラークの仕事はどんな内容でどれくらいの年収があるの?

メディカルクラークの仕事というのは医療の事務的な業務である窓口受付から電話対応、健康保険証の確認と会計業務、カルテの管理と整理、レセプト(診療報酬明細書)の作成、入退院の受付と案内、また医師の事務処理の補助サポート、その他、医師、看護師の手が回らない雑用など・・実に多種多様にわたります。

その中でも一般の事務作業にはない医療機関ならではの特殊な作業がレセプト作成です。私たちが病院で患者として受診した時に健康保険証の提示によって診療代の3割のみを支払います。そしてその残りの7割を病院側は各保険組合に請求します。その際に提出する請求書がレセプト(診療報酬明細書)です。

このレセプトは通常の一般事務作業の請求書とは全く違います。その特殊さのため、最近はレセプトを作成できるコンピューターも導入されるようになってきました一般的にはレセコンと呼ばれているものです。。これは日々の診療内容をその都度打ち込んで記録していき、月末には自動的にレセプトが作成できるシステムになっています。

このレセコンの操作に慣れることが今の医療事務の仕事では重要になってきました。しかし提出したレセプトは不備があると返ってくることがあります。その時には手書きで対応しなければなりません。そのためにはやはり医療事務スタッフとしはレセプトの仕組みをしっかりと頭にいれておく必要があります。

このように一般事務作業とは違い特殊な知識が必要な医療事務です。ちなみに医療事務の仕事に就くのに資格はいりません。しかしもし時間と費用に余裕があるのでしたら事前に医療事務の資格を取って基本を学んでおくことは決して無駄にはならないでしょう。

そしてメディカルクラークの年収ですが、医療関係の仕事は安定感もあり人気のある職業ですが給料自体は低めとなっているのが通例のようです。メディカルクラークでの携わる仕事内容、また働いている病院の規模、地域などで違いますがだいたい平均的な年収は正社員の方で良くても250万円~400万円程度です。これは医療事務という仕事の勤務形態が正社員の他にも派遣、パート、アルバイトなどをさまざまな形態で働くことができるのも一因となっています。

また医療事務の資格を持っている方は想像以上に多く、派遣やパートやアルバイトなどの枠はとても人気があります。確かに正社員としての年収は普通の一般企業よりも低めかもしれませんがパートやアルバイトなどの勤務形態は結婚後も育児をしながら働きたい女性にとっては嬉しいものです。

給料の低さを気にしなければ、医療機関というのは全国どこでもありますので引越した先での再就職にも最適です。どこにいっても仕事内容はほぼ変わりませんし、積み上げてきた経験が長ければ長いほど即戦力重視の職業ですので再就職にも有利になっていくと思います。